高血圧の改善におすすめの成分とサプリメントについて

さまざまな病気を引き起こす原因となる高血圧は、できるのであれば事前に対策をしておきたいものです。軽度の高血圧であれば、これといって自覚症状も無いので、中には放置している人も少なからずいるかも知れません。軽度の高血圧なら見逃してもいいかもしれませんが、健康診断で引っかかったら、改善策を考える必要があります。毎日のバランスの良い食生活や適度な運動は、高血圧だけでなく様々な病気の予防や改善に大切なことです。食事の改善や、運動不足の解消以外に重要なことが、体に必要な栄養素をサプリメントで摂取するということです。健康増進に使うサプリメントには様々なものがありますが、中には血圧を下げる目的のものも存在します。血中に塩分が多いと高血圧になりやすいため、余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが配合されているサプリメントはよく知られています。血管の収縮が活発化して、血圧上昇の原因となる副甲状腺ホルモンやプロビタミンDの分泌を抑制するカルシウムもよく利用されているサプリメントです。マグネシウムは、カルシウムの働きを促進する成分ですので、サプリメントでマグネシウムとカルシウムを併用するのがおすすめです。他にも殺菌や抗菌作用、抗血栓効果、コレステロールの抑制を期待できるアリシンも、高血圧が気になる人に利用されています。この他、オレウロペインは血圧を低下させる効果があり、タウリンはノルアドレナリンや、交感神経の働きを抑える作用があると言われています。アンジオテンシンという酵素は血圧を上げる働きがありますが、ペプチドでその効果を抑制することができます。サプリメントを選ぶ時には、どの成分が自分に合っているかをよく考えましょう。